中本病院

救急指定病院

大阪市東成区中道4-13-12 06-6972-2121(代表) 06-6972-2123(地域連携室、直通)

メニュー

診療科

内科

内科概要

一般内科

  • かぜ、高血圧、高コレステロール血症、糖尿病など日常よくある疾患を取り扱う
  • 諸症状があっても原因が明らかでない患者さんの診断と治療を行う

循環器内科

  • 脳梗塞、脳出血などの脳血管に関連した疾病を取り扱う
  • 心筋梗塞などの心臓の血管病変を取り扱う

消化器内科

  • 食道、胃、腸を取り扱う
  • 肝臓、胆のう、膵臓の疾患を取り扱う

※いずれも、内科では主に手術によらない薬物による治療を担当します。
※ひどい腹痛で腹膜炎が疑われる場合や、吐血、下血などの出血の場合、外科とタイアップして診断や治療を行う

検査など病院の施設

一般内科

  • 血液検査(生化学、末梢血)
  • 心電図、胸腹の単純X線検査などで、病気の内容を診ることが可能

※内科疾患でない病気が発見された場合、他の専門領域の医師に紹介

循環器内科

※運動負荷心電図によって心血管病変が見つかった場合、国立病院などに紹介可能
※危険な不整脈の発見が可能
※脈波図、骨塩定量検査で骨減少症や骨粗鬆症の診断が可能

CTスキャン(頭部)
心電図(24時間)
心超音波検査

消化器内科

バリウムによる胃透視、注腸透視
※下記の検査などにより悪性疾患の早期発見も可能

CTスキャン(腹部)

痛みの伴わない肝臓、膵臓、
胆のう領域での精密検査が可能

電子内視鏡

胃腸を直視下で診ることが可能
 

内科ドクター紹介

副院長/内科 豊田 莞爾 Kanji Toyoda

略歴

1977年 東京医科大学卒業
1986年 中本病院に勤務し現在に至る

紹介

外来の方には、特に初診に際しての的確な判断と対処を心がけています。
地域の高度医療機関とのネットワークを考え、現場でしかできない治療は、実はとても大切なことです。
例えば、患者様にはいくつかの病気を併発されている方が結構おられます。
特に、近年、高血圧や糖尿病が起因するメタボリック系が増加している現状では、ますますこの考え方が重要となってきます。
患者様に接する豊かな経験、患者様全体から見た治療等、また中規模という、患者様とのコミュニケーションがほどよく実現できる特徴を生かした治療ををめざしています。
入院の方には、もちろん入院中の患者様の不安などの解消にも十分配慮した治療を心がけています。

消化器内科 宮地 琢磨 Takuma Miyaji

略歴

1982年 金沢医科大学卒業(同年国家試験合格)
2002年 中本病院に勤務

紹介

消化器内科専門ですが画像診断(特に腹部エコー、頸動脈エコーなど)に興味を持っています。
消化器といっても上部消化器官(胃、十二指腸)を専門としています。
その他としてはDM、高血圧、脂質異常症の診断、治療を日常診断で行っています。
今後は臨床だけでなく予防医学に力を入れていきたいと思っています。

内科 鍜治 芳彦 Yoshihiko Kaji

略歴

1992年 近畿大医学部卒業
2013年 中本病院勤務

紹介

以前は内視鏡使用による上部消化管疾患を中心とした診断および治療に関わっており、前病院では慢性腎不全により人工透析治療を受けている患者さんを中心に診てまいりました。
特定の疾患ではなく脳血管疾患、心疾患、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症等の幅の広い疾患を診られる様に心がけています。
今後は地域社会の医療向上に貢献できる様に努力しようと思っております。

ページの先頭へ